新潟土地建物販売センター “もっと安心 ずっと豊かな暮らしを”

新潟土地建物販売センターのサービス紹介動画。引き渡し後の住宅の傷や汚れ、設備の故障を保証するサービス「設備・家財の0円保証」の認知拡大が目的です。まずはサービスの存在を知ってもらうことを狙いに、気軽に見られるアニメーション動画を制作しました。

Client

新潟土地建物販売センター 株式会社

Category

Play Movie

00:01:27

01 Planning

複雑なサービス内容をアニメーションで分かりやすく伝える

新潟市と長岡市を拠点に、不動産売買や資産運用事業を展開する新潟土地建物販売センター。新築住宅の取り扱い数で県内ナンバーワンを誇り、住宅ローンの相談にも応じるなどユーザーの幅広いニーズに応えています。中でも「設備・家財の0円保証」は、他社との差別化を図る意味でも力を入れているサービス。住宅の引き渡し後、建物や設備の修繕にかかる費用を新潟土地建物販売センターが負担します。今回の動画制作は、その認知拡大が目的です。主な用途は、問い合わせをしてくれたお客様への返信メールへの添付。来店時の営業ツールとしても使用します。「気軽に最後まで見られ、サービスを知るきっかけとなる動画にしたい」とのご要望から、MADはアニメーション動画を提案。実写よりも先入観を持たずに見ることができ、複雑なサービスを分かりやすく説明したい場合に適しています。アニメーションの動画制作の経験がなかった新潟土地建物販売センターの担当者は、当初、この提案に戸惑ったようでした。しかし「アニメーションでもクオリティのしっかりした動画にしたい」とのご意見をいただき、制作を始めることになりました。

02 Making

構成の工夫やなめらかな動きで視聴離脱を防ぐ

クライアントが特に心配していたのが、動画を最後まで見てもらえないこと。つまり「視聴離脱」です。そこでMADは3つのことを心がけました。1つめは、途中で飽きないよう冒頭の約30秒間でサービスの全体像を伝えて興味を惹き、それから詳細説明に続く構成とすること。2つめは、なめらかに流れるようなアニメーションで、シーンの継ぎ目を感じさせない動画とすること。3つめは、文字情報を極力減らし、ナレーションとシンプルなイラストで構成すること。イラストも淡いカラーをチョイスし、全体的に軽い雰囲気に演出。思わず最後まで見てしまうようなアニメーションを目指しました。動画の入り口となるサムネイル画像も工夫。情報量の少ないシンプルな案から一部ネタバレも含むYouTube的なサムネイルまで、3パターンを提案。その中から最も情報量の多い案を採用いただき、さらにクリックを促せるよう、再生マークも追加しました。

03 Response

動画を便利な営業ツールのひとつに

完成した動画は「お客様にサービスを説明するのに役立っている」と大変好評をいただくことができました。さらに「こうしたいと思ったことを先回りして対応してくれた」「伝えたことに対して100%のクオリティで応えてくれた」とスタッフの対応にもお褒めの言葉をいただきました。今回MADは、営業、ディレクター、アニメーターの3名が担当。特にディレクターは先方担当者の社長とLINEを直接つないで対応。忙しい社長が業務を終えた深夜にもやりとりするなど、先方にストレスのない素早いレスポンスを心がけました。「ぜひ次もお願いしたい」との言葉をいただき、とてもありがたく思います。MADには今回のようなサービス説明動画の実績も多数あります。今回の事例と合わせてぜひご覧ください。

04 Short Version

PROJECT TEAM

  • Director
  • Editor
  • Animation