MAD PRODUCTION

HOMEBLOG

BLOG
2019.05.01 - WORKS

おいしいお米には「思いと願い」が詰まっているんです。

新潟県加茂市にある「かやもり農園」

過去11代受け継げられてきた、伝統深き農家には、作る拘りと、それを食べる人たちへの熱い思いで溢れています。

【写真:かやもり農園HPより引用】

かやもり農園では、土作りから徹底し、ブランド米『伝』を栽培しています。

 

『伝』を栽培するためには、肥沃な土が必要となってきます。

肥沃な土とは、植物にとって良い環境を作るための微生物がたくさん繁殖できる土のことです。

良い土壌環境があると植物は自身の力で生育し、持つべき栄養素と本来の味を実らせることが出来ます。

この環境を作るためにかやもり農園では肥料作りから手がけており、

地元の加茂川を上がってくる鮭を原材料として肥料を生成しています。

(鮭で肥料を作っている農家は全国でもかやもり農園だけだそうです)

 

 

『伝』は、東京都南麻布、懐石料理の有名店『分とく山』でも扱われ、
名物の土鍋ごはんとして提供されています。

 

 

『伝』が選ばれた理由は、かやもり農園の11代目、萱森さんの作物に対する強い信念と情熱にありました。

お米一粒一粒には、作物にかけてきた時間や技術など、計り知れないバックストーリーがあり、

一口食べてハッとするほど「本当においしいお米だ」と素直に感じることができます。

これはブランド米として極上の素材であることの証です。

 


「食を通じて、思いをバトンタッチしていく」

 

そんな萱森さんの強い思いと願いが『伝』には秘められているのです。

 


▼ かやもり農園 Web site
http://www.kayamorinouen.com/index.html

▼分とく山

https://waketoku.com


【ライター】
石村 剛(Tsuyoshi Ishimura)
/株式会社MAD PRODUCTION代表取締役
趣味:サッカー / 映像機材を調べる事

この他にも弊社の制作実績を紹介しているページもございますので、是非ご覧ください。

【MAD PRODUCTION -Works-】